どうなる道交法改正による自転車の立場

先日、改正道路交通法が施行され今まで通り気軽に自転車に乗ることができなくなりそうです。対象年齢も14歳と中学生にまで及び、未成年だからという言い訳は通用しないでしょう。そもそも自転車に関する人身事故に年齢なんて関係ありません。後遺症になるようなけがを負わす危険のある乗り物なのですからしっかりとルールを守る必要があります。とはいえ子供に限らず大人にもそれは言えること。最近ではロードスターのようなスピードの出る自転車が信号無視をしたり、道路を横断しているのをよく見かけます。しかも彼らはスーツを着て通勤中といわんばかりのいで立ちです。中には改造されている自転車を乗り回している輩までいるようで、改正法の施行は当然の結果と言えます。車を運転する立場から見ても、個人的には彼らこそが最も、ルールを守らなければならない人種だと考えています。悪質な運転者には有料の講習が義務付けられ、無駄なお金や時間を消費することになります。そんな事にならないよう日ごろからルールを守るようにしたいものです。大人が守らなけれそれを見たや中学生はやはり守らないでしょう。改正法が広くいきわたるためにもわれわれ大人が率先して守っていかなければなりません。即日キャッシング

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です