原作ファンとしてすべてがFになるのアニメが気になる

私は10月ごろから始まるあるアニメが楽しみで仕方ありません。そのアニメというのはすべてがFになるです。

すべてがFになるの原作は推理小説なのですが、私は作家の大ファンであるため、アニメ化が決まったと聞いたときは嬉しいものでした。

すべてがFになるはシリーズの一つのタイトルでありますが、アニメはS&Mシリーズ自体をやるとのことなので本当に楽しみです。

ただどういった絵になるのだろうという懸念があります。マンガやライトノベルと違い、推理小説というのはキャラの絵が決まっているわけではありません。私はS&Mシリーズを読んだとき、自分の頭の中である程度キャラの姿を想像しています。このキャラはこういった姿だろうなというイメージがそもそもあるため、イメージどおりのキャラデザインであればいいなと思っています。

イメージどおりでなくても、納得できるキャラデザインであればいいのですが、かけ離れていては原作のファンとしてはげんなりとしてしまいます。

私が好きなキャラは真賀田四季という人物で、絶世の美女というイメージなのです。思考が超越している天才であるため、私の中では容姿も超越しているのです。

美女を超えた美女というか、そんなイメージなのです。どんな姿でどんな声で動くのか、今から待ち遠しいです。総量規制対象外カードローン

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です