子どもの頃の一番のアニメ アラレちゃん

子どもの頃は楽しいアニメばかりでした。

もう30年位前の話です。

一番好きだったアニメはアラレちゃんです。

あの斬新さは真似できません。

「キーン」も「ほよよ」も新語です。「んちゃ」ってのもありました。

そしてあの特徴的な髪の毛の色。むらさき。斬新ですよね。

女の子なのにメガネっ子と言う主人公も新しい感じでした。

博士~と言ってますが、のりまきせんべい博士は天才なのかだめなのか良く分からない不思議、

そして目覚まし時計に手が生えてたり、独特のアラレちゃんワールドが広がっていました。

それで何者かわからないがっちゃんなる飛んでる赤ちゃんみたいの可愛い奴。

髪の毛は緑です。鉄を食べます。

何を話せたかはよく覚えてないのですが、がっちゃんが異常に印象的です。

あとは、「いもよね~」的なセリフを吐いて三輪車に乗ってる刈り上げ女子、とか

パトカーとか。

パトカーはアラレちゃんに追突されると、つぶれちゃいます。

それどころかアラレちゃんは地面をたたくと地球が真っ二つに割れちゃいます。

飛んでるというか発想の豊かさが、すごいアニメだと思います。言葉では言い尽くせませんが。

エンディングテーマも良かったです。「ほんとは~ろぼっとよ」と言うセリフがかわいいです。

当時は、アラレちゃんグッズをずいぶん揃えました。

ぬりえや、着せ替え帳など、今でも大事にとってあります。

あんな面白いアニメが現代にも登場してくれないかなと期待しています。
主婦キャッシング

Leave a Comment

Filed under 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です